店の管理が楽になる飲食店用POSシステム|不動産会社で探す貸店舗

煩雑な手続きを代行する

ウーマン

海外進出を目指す企業の多くが注目する地域といえば、インドネシアです。現地でのサポートを行なうコンサルティング会社に依頼すれば、法人登録や許認可取得の申請代行を行ってくれるので、スムーズに現地への進出ができます。

詳細を確認する...

人件費を安く抑える

ウェイトレス

飲食店での経営において、多くの店で悩みどころとなっているのが、人件費による問題です。サービス業である飲食店では、質のよいサービスを提供するためたくさんの人を雇わなければなりません。接客をするホールの人や料理を作るキッチン担当の人、さらには在庫管理や売上管理を行なう人など、さまざまな人が支え合うことで忙しいお店を切り盛りすることができるのです。しかしながら、たくさんの人が働いている状況では、支払う人件費が高額となるため、売り上げが落ちている飲食店ですと、店の経営を圧迫することとなります。経営悪化による対処として、どの企業でも行なっているのがコストの節約です。他の企業同様、人員の削減によって人件費の節約を行ないたいとする店は多いでしょう。しかし、人が減るとその分パフォーマンス性が落ちてしまうため、飲食店の利益が落ちてしまうことが懸念されます。そこで利用ができるのが、POSシステムの導入です。売上管理などの管理業務が簡単になるほか、POSシステムによるオーダー管理を行なうことで、ホールの人員を減らすこともできるでしょう。

POSシステムは、売上管理や在庫管理、さらには受注管理なども一括して行なえます。さまざまな管理業務を一人で一括して行なえるので、管理業務を行なう人も一人だけで十分なのです。また、POSシステムを導入することで、料理のオーダーなども端末で行なうことができます。タブレット端末を各席に設置することで、お客さんがオーダーを端末で行なうことができるので、ホールの人数も少なくて済むのです。席ごとにオーダーされた料理の情報は、全てPOSシステムに記録されているので、オーダーミスによって支払いに間違いが起こることもないのです。

現地での手厚い支援

スーツの人達

インドネシア進出支援を行なう会社では、現地で営業する上で助けとなるパートナー企業の仲介を行なってくれます。現地での社員募集も行なってくれるので、どの企業も負担なくインドネシアでの進出ができるでしょう。

詳細を確認する...

元付けと客付けの違い

店

貸店舗を扱う大阪の不動産会社は、元付け会社と客付け会社の2つがあります。元付け会社であれば、オーナーとの結びつきが強いので、店舗の詳しい情報を多く教えてもらえます。客付け会社であれば、客観的に見た店舗の評価を教えてくれるでしょう。

詳細を確認する...