店の管理が楽になる飲食店用POSシステム|不動産会社で探す貸店舗

煩雑な手続きを代行する

ウーマン

国内の企業の多くが考えている経営戦略といえば、海外進出でしょう。国内よりも人件費の安い国に工場を建設することで、安い賃金で自社製品を作成することができます。また、製品の製造において素材を海外から仕入れている会社であれば、素材の費用を削減することもできます。製品製造のコストは素材の値段だけではなく、素材を仕入れることでの運送費も掛かります。現地に工場を建てることで、コストとなっていた運送費を削減できるので、人件費と素材の費用の両面から格安で製品製造が行なえます。海外進出をするとなると、国内に近い国に工場を建てるのが最適です。人口増によって発展の兆しを見せるインドネシアなどであれば、海外進出を行なう国としては最適でしょう。

インドネシアで工場や営業所などを建てる場合、専門のコンサルティング会社に依頼する必要があります。インドネシアで工場を設立するために負担となるさまざまな業務を代行してくれます。コンサルティング会社は、登録情報変更による代行業や、許認可取得の代行を行なってくれます。インドネシアの地域に工場を建てるとなると、現地での法人登録を行なう必要があります。コンサルティング会社に依頼すれば、現地の言葉に詳しい駐在員がしっかりと契約を行なってくれるので、法人登録もスムーズに行なえるでしょう。また、国内の工場機械をインドネシアへ輸出することや、インドネシアで作った製品の輸入をする場合、許認可取得も行なわなければなりません。現地での危険物の輸出入規制に関する証明手続きもしなければならないため、自社だけで行なうと時間や手間が掛かりますが、コンサルティング会社に代行をしてもらえれば、時間も掛からずにすぐに工場建設に取り掛かることができます。